Chrome利用者はFlashの個別イントールを止めよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Adobe Flash playerは、世界で最も広く普及している第三者アプリケーションかもしれない。Chromeブラウザよりもインストール数は多そうだ。多く利用されていることから、クラッカー(悪意をもったハッカー)の標的となり、常に脆弱な点を突かれ外部からパソコンへ侵入する際の仕組みとして使われ続けてきた。Adobe社も無償ながらも迅速な脆弱性対策アップデートを続けているが、クラッカーとAdobe社の戦いは多くのflash利用者を巻き込み長年戦い続けてきている。

noflashもしあなたがグーグルChromeの利用者であった場合は、Adobe社のサイトからFlashプレーヤとPDFビューアをインストールする必要はない。Chromeには、Adobe社からライセンスされた最新のFlashプレーヤプラグインとGoogle製のPDFビューアがインストールされているからだ。Chromeを主に利用している場合は、直ちに脆弱性リスクを抱えることになるAdobe社のFlashプレーヤを「コントロールパネル」-「アンインストール(またはアプリケーションの追加と削除)」から削除して欲しい。またインストールしているとAdobe Flashプレーヤアップデータが常駐し、貴重な本体メモリのリソースを消費している。

Chromeでこれらプラグインが動作しているかは、アドレスバーで「chrome://plugins/」と入力することで確認することができる。

ただ、今後はそう遠くないうちにflash技術の利用は少なくなってくると思われる。可能であれば脆弱性リスクの高いFlashは「無効」としておきたいものだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る