Windows

オークション等でソフト購入をするのはとても危険

オークションで、海賊版ソフトウェアの販売は激減しましたが、パソコンソフトウェアの中古品としてパッケージやライセンス認証キーが販売されていることがありますが、これらは利用できないことが殆どですので購入は控えましょう。 続きを読む

パソコン内の写真を整理。消失を防ぐクラウドストレージ

デジカメで撮影した写真やビデオをパソコンに保管していくと、その整理が大変だ。整理ソフトもいくつか発売されているが、Windowsのバージョンアップに対応し、数十年の長きに渡って使えるのか不安も残る。アルバムソフトが、Windowsバージョンアップに対応されず、困った経験を持つ人も多いのではないだろうか。 続きを読む

溜まったWindows updateのバックアップを削除してSSDの空きを増加

毎月数本配信されてくるWindowsアップデート。脆弱性対策および機能改善において重要な役割を果たすファイルであるが、時としてパソコンが不安定なる可能性もあるため、予備的にWindowsアップデートを適用させる前に戻すことができる「アンインストール」機能が提供されている。

続きを読む

Chrome利用者はFlashの個別イントールを止めよう

Adobe Flash playerは、世界で最も広く普及している第三者アプリケーションかもしれない。Chromeブラウザよりもインストール数は多そうだ。多く利用されていることから、クラッカー(悪意をもったハッカー)の標的となり、常に脆弱な点を突かれ外部からパソコンへ侵入する際の仕組みとして使われ続けてきた。Adobe社も無償ながらも迅速な脆弱性対策アップデートを続けているが、クラッカーとAdobe社の戦いは多くのflash利用者を巻き込み長年戦い続けてきている。

続きを読む

パソコンで利用していないアプリケーションは削除しよう

スマートフォンを使う人が増えてきて、その少ない記憶容量から「すぐディスクが満杯になったからアプリを削除しなくちゃ」ということは多くの人が経験から行っていることだろうが、ことやWindowsパソコンのこととなると、その記憶容量の大きさからインストールして一度しか使っていないアプリケーションや購入した際にプリインストールされていたアプリケーションをそのままにしている人も多いのではないだろうか。

続きを読む

今までのWindowsアプリはUWPに取って代わる

Windows10になって大きく進化したのは、CPUの種類に依存せずユニバーサルに動作するWindowsアプリケーションの新時代に入ったことだ。Windows, Windows Phone, Xboxで共通して利用することができるユニバーサル・ウインドウズ・プラットフォーム(UWP)アプリケーションは、ARM系・インテル系のCPUに関わらず動作させることができる新時代のWindowsアプリケーションである。

続きを読む